NMN・サーチュイン

サーチュイン遺伝子とはどのようなものをいうかここで正しく理解をしてください。人間の永延のテーマといえば、不老不死のことではないでしょうか。人間は不老不死を願うものの、近い将来不老不死が実現出来るとも考えてはいないのです。でも不老不死をあきらめている人たちも、未来に対して出来る限り若いまま長く生きていたと思っていることでしょう。

その思いの結果、今NMNという物質に対しての関心度も相当高くなって来ているのです。サーチュイン遺伝子というものは、別名長寿遺伝子ともいわれ、どの生き物でももともと備わっている遺伝子なのです。サーチュイン遺伝子を活性化させることで、老化を抑制することが出来、細胞を若返らせることが出来ます

私達はお腹が減り、お腹が減ればご飯を食べたい欲求が起こります。しかし、そこでもうちょっと空腹を我慢することが出来れば、サーチュイン遺伝子を蘇らせることが出来るといいます。人間にもサーチュイン遺伝子というものが存在しているものの普段は眠ってしまっているといいます。サーチュイン遺伝子が目覚めることで私達の身体の中で細胞内にあるミトコンドリアが増えるとも言われています。 ミトコンドリアが私達の身体のエネルギーを作り出してくれているのです。

私達の身体はエネルギーなしで生きて行くことは出来ないのです。ミトコンドリアが増えることで若々しい身体を作ることが出来、お肌の傷ついた細胞を修復してくれます。